ホーム » 事業案内 » 再生可能エネルギー部門

事業案内

当社の再生可能エネルギー部門では、地熱や水力、そして太陽光など、地球環境に配慮した自然エネルギーの開発に取り組んでいます。   地熱事業については、昭和48年から鹿児島県の霧島地域において地熱エネルギーの調査を開始し、平成8年3月には、九州電力(株)大霧発電所(30,000kW)に蒸気供給を開始しました。この発電所は、今日でも、全国トップクラスの安定した発電実績を積み重ねています。そのほかにも、隣接する白水越地区において新しい地熱開発を目指しています。
  また、水力発電については、かつて約150年間にわたり鉄鉱石や銅などを採掘していた岩手県の釜石鉱山(釜石鉱山㈱:連結子会社)において、坑道や採掘跡の空間、坑内湧水を利用した発電を行っています。
  そして、平成25年に開始した太陽光発電では、「洞爺湖メガソーラー発電所」(北海道虻田郡、1,990kw)や「庄内メガソーラー発電所」(福岡県飯塚市、1,453kw)など、全国各地に点在する鉱山跡地等の遊休社有地を活用した発電を行っています。

お問い合わせ先 日鉄鉱業株式会社 資源開発部
技術開発課  TEL:03-3216-5285 FAX:03-5962-5180
地熱開発課  TEL:03-3216-5285 FAX:03-5962-5180
お問い合わせ

このページの先頭へ